内科・循環器内科・小児科・アレルギ-科

漢方のこと

小児科・アレルギー科では、一般的な治療と併用し、内服できる場合には漢方薬を使うことがあります。慢性疾患や虚弱なお子さんの体質改善に有効なのですが、本当は急性期疾患にも大変有効で、腕のよい先生は急性期疾患にも目をみはる効果を上げられています。慢性疾患のお子さんは、他の治療法でゆきづまり是非何とかしたい、という思いがあれば、何とか本人が飲んでくれたり親が飲ませてくれます。乳幼児の便秘にも使いやすくて重宝しています。

アレルギ-科

 アレルギー症状の基礎に冷え症や胃腸の虚弱、体力のなさのある人が多く漢方でも弱い部分を補い、基礎体力のアップをこころみます。しかし抗アレルギー剤や漢方内服、軟膏塗布などの薬物療法より大事なのは、食事、生活パターン、運動、ストレスの発散など日々の生活のありかただと思います。医者の不養生で、説得力にかけるけど大切な事はお伝えします。経皮毒の洗剤にも目を向けてオール石けん化をお勧めしています。親同士のつながりを作る場も大事です。料理教室は当院の栄養士が中心になり開催していますが、家族の交流の場となり少しの時間ですが助言や体験談を聞ける場になっています。栄養士が常勤でおりますので、外来診察終了後に食事のことを栄養士に相談出来ます。もっともっと診察室の外での本人やおかあさんへのフォローができる体制作りが必要です。

発達検査

 非常勤の臨床心理士により、発達検査を行っています。発達検査の結果、いずれは専門機関(専門の病院やクリニックなど)に紹介するとしても予約待ちが長く、とりあえず療育開始が必要な場合には手続きの手助けはできます。今後もっと発達検査やの枠をふやしてゆきたいと思っています。発達の問題の診断やケアは需要と供給の差が激しいので、専門ではないクリニックでも何か役にたつことがないか、地域で役にたつことがあればもっともっとやっていきたいと思っています。

夜尿症

 夜尿症のお子さんは抗利尿ホルモン(脳から出て尿量を減らす)の夜間の働きや膀胱の成長が、年齢に比しゆっくり(オクテ)です。したがって年齢が高くなると、自然に良くなることが多いです。しかし、あまりゆっくりだと、学校の泊りの行事が心配だったり、自尊心に影響したり、例は少ないですが病気が隠れていることもまれにはあるので、毎日のように夜尿があり改善傾向がない場合は一度受診されたらよいと思います。

 

【治療開始前にすることは?】

・生活習慣のチェック

・夜尿症のタイプを推定・・・夜間の尿量測定や朝一番の尿の検査、がまん尿量の測定など

・原因検索・・エコー検査など特別な原因がないかのチェック。

 

【治療は?】・・・以下を組み合わせて

・抗利尿ホルモンの内服、時に漢方薬内服

 (例外的に)膀胱型に対する抗コリン薬の内服

・アラーム療法  抗利尿ホルモン無効でアラーム療法著効例時々あり

・できる範囲で尿をがまんするトレーニングが有効なことも。

・生活習慣の見直しの提案や場合によれば心理面へのアプローチも。

 

【何歳から治療するの?】

・ほぼ小学校に入学後、6歳以上

 

【夜尿症で初めて受診の場合】 

・「夜尿問診表」(初診の方は「小児科初診問診表」も)はHPよりダウンロード可能です。

 

1,保母さんスタッフがいたらいいな。
2,敷地内の空き地にお茶をのみながらおしゃべりできる場ができればいいな。遠いお店を紹介して、
  アレルギー対応の食品などを買いに行ってもらっているので、少しはアレルギー対応の商品もお
  いてあればいいな。無農薬野菜があればもっといいな。
3,畑の有効利用がしたいな。
4,自分自身では漢方の腕を上げたい。現状は恥ずかしいけれど、腕をあげ (来られるのはアレル
  ギーが合併している方ですが)女性の冷え性や不定愁訴などもみれるようになりたい。
5,チーム医療を進めたい。
6,今は何となく余裕がなくできていない院外にむけた活動もいずれもっとできるようになりたい。