内科・循環器内科・小児科・アレルギ-科

副院長紹介:小児科・アレルギ-科担当

114

 ごあいさつ
小児科:小児の発熱性疾患、(新型コロナなどの感染症を含む)嘔吐下痢、喘息や気管支炎、肺炎、水痘などの感染症、乳児湿疹、夜尿症など一般的な子どもの病気を診ます。
 発熱疾患は、時間を分けた発熱外来としての診療ではありませんが、コロナウィルス感染の可能性を予測し、車・外のテント・隔離室と、通常の診察とは場所を分けて診察しています。 隔離室へは非発熱疾患の方とは別の入り口から入っていただき、滞在は短時間になるようにしています。
 予防接種、乳児検診は予約制で行っています。 対応できる人数は少ないですが臨床心理士による発達検査を行い、必要な場合は専門の病院に紹介したり、療育の場を利用できるように意見書を作成したりしています。


アレルギー科:小児のアトピー性皮膚炎や食物アレルギーの方が多数を占めています。特徴は、食事指導や生活面の指導や、漢方薬の併用が比較的多いことです。経口負荷試験やご家庭での食品の試し方の相談・指導も行っています。診察後、必要な場合は栄養士による栄養指導を受けていただきます。アレルギー性鼻炎などに矢追博美先生が開発された矢追インパクト療法や舌下面w機療法も行っています。アトピー外来は予約制です。

副院長 上田 美子
  ウエダ ヨシコ

略歴

1978年 岡山大学医学部卒業
  倉敷成人病センター勤務
2005年11月 清音クリニック勤務現在に至る